わきが対策にミョウバン水は効果的でしょうか?

わきが対策にミョウバン水

わきが対策にミョウバン水は効果的でしょうか?
ミョウバンは確かに殺菌や消臭作用があります。

それを利用したのがミョウバン水ですね。

わきが対策に効果のあると言われるミョウバン水の作成方法を紹介したいと思います。

ご自身の『臭い』が心配になってイベントや遊びを満喫できなかった…こう言った経験はありませんか?

特別発汗しやすい夏は、どれほど清潔にしていたとしても時間が経過するといつもの独特の臭いがして周囲に神経を使うこともあるでしょうし、体を洗いすぎるとかえって『皮脂』を落とし過ぎて泥沼状態となるのです。

思春期から今日までわきがに苦しめられていた私も、数多くたくさんの方法を試みましたが、ミョウバンを使った方法を紹介します。

ミョウバン水で清潔臭いケア!

  • 服をちょくちょく着替えをしても…
  • 腋毛を上手く剃っても…
  • 手術なんかをしてみたけど、一向に臭いが治まらなかった人も…

これまでどうしても効果が十分でなかった、というあなた自身にこそトライしていただきたいのが『ミョウバン水』です。

ミョウバン水とは?

ミョウバン水はインターネットやTVなどにおいても度々で掲載されている『天然のデオドラント剤』なんです。

◎とっても単純で簡単な作り方で、ある程度の効果があります。
◎殺菌作用・制汗作用があって、脇の皮膚を引き締めて雑菌が増加するのを予防します。
◎お手頃価格ですので、実際に利用してもコスト的に問題ありません。

わきがに効く!簡単ミョウバン水の作り方

□用意する品□
・焼きミョウバン50g(スーパーの漬物売り場で80円~100円で購入出来ます)
※生ミョウバンを利用するときには、75gが必要です。
・1.5Lペットボトル容器
・水道水1.5L

□作成方法□
①ペットボトルに50gのミョウバンを全て入れます。
②ミョウバンを入れたペットボトルに、水道水を一杯まで注ぎおります。
③ミョウバンは水に溶けづらいもので、蓋をして1~2日冷暗所に放置しておく必要があります。

すっかり溶けきって透明になりますと【ミョウバン水の原液】の完成なんです。

□利用する際の注意□
・うえで作製したミョウバン水は【原液】で、そのままに利用すれば濃いもので
ワキに利用するケースでは、さらに水で10倍に薄めてから利用してみてください。
・保管は冷蔵庫であったり直射日光の当たらない所で、1か月の間に使い尽くすのが良いでしょう。
・水道水を利用しないでに『精製水』を利用する場合は、塩素が含有されていない分保存期間が短縮されてますので意識してください。

ミョウバン水は確かにわきが対策に有効な部分があります。
しかし、これを使い続けるという事は、大きな問題を抱えることになるんですね。

どこが問題なのかと言うと・・・

『とにかく消臭と殺菌効果の持続時間が短い!』

と言う点ですね。
やはりクリームやジェルタイプに比べると、圧倒的に持続しません。

それこそ1時間おきに塗ったりというぐらいのレベルです。
これでは、仕事中や学校に塗っていくのが難しいですよね。

さらにミョウバンはもう一つ問題があります。

『それのみを濃い濃度で使うと脇が荒れる』

と言う点ですね。
こちらで紹介しているようなデオドラントは、かなり肌に優しい成分を多く含んでいます。

保湿したり、荒れないための成分ですね。

これがあるか無いかでは、やはり肌に対しての影響が大きく異なります。
私は、残念ながら、わきが対策でミョウバンを使い続けることができませんでした。

でも、足を洗ったりとか・・・。
そういう消臭のポイントでは使ったりもしているんですよ。
決して効果が無いわけではないんです。

ただ、現実的にわきが対策をしていくのであれば・・・。
こちらでも紹介しているような、デオドラントを積極的に使うべきでしょうね。

効果が長く、肌にもやさしい。
これはわきが対策を毎日行うには、必須の条件ですから!

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ