脇の臭いの原因と種類は大きく2つに分かれます

脇の臭いの原因と種類

脇汗をかくと、なにより心配なことが洋服のシミ。とくに夏場は薄着となっているし、洋服の脇の下にできるお決まりの嫌な汗ジミというのは、かなり目立つし恥ずかしいものと言えます。

かつ脇汗を意識して恥ずかしさが増えると無駄に脇汗をかきますし、ちょと緊張したのみでも脇汗が腕を伝って流れ落ちてきちゃうケースだってたびたび…ほったらかしで見て見ぬふりをしたら衣類の脇の部分が黄ばんだり、それが原因となって身の回りに臭いを放ったりすることも問題です。

それでも、安心してください!このくらいならごく普通です。

よく自分というのは多汗症じゃないだろうか、あるいは臭いを気にかけて腋臭症(わきが)ではないかとか決め込む人もいるけれど心配ありません。このくらいならばちゃんと脇汗対策をした場合、ほとんどの方が、脇汗のシミ、黄ばみ、臭いより解き放たれます。脇の臭いの原因や種類さえしっかりと知っておけば問題ありません。

ここらで、早速、効果的な脇汗対策を見ていただきたいと考えますが、それ以前に普通の脇の臭いとわきがの臭い種類の違いや原因についてお伝えしておきます。結構、誤解している人が多いもので、この場を借りてバッチリその違いに関してイメージしていただきたいと思います。

普通の脇の臭いとわきがは臭いの原因と種類が異なる

脇の臭いの原因や種類を考える上で、どこから出ている汗なのかというのがあります。汗を分泌する汗腺としては「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類が存在します。2種類どちらも同じ汗腺なんですけど、水分量や含まれる成分が違ってきます。

まず、エクリン汗腺より分泌される汗というのは、99%が水、残り1%が、塩分・尿素・アンモニア・ミネラルなどが見られます。アポクリン汗腺より分泌される汗とは異なって、無色透明であり粘り気がないことが特徴だと言えます。

また、エクリン汗腺より分泌される汗というのは、生命維持に必須の体温調整や皮膚の乾燥防止などという重要な役目を果たしているわけです。

一方で、アポクリン汗腺より分泌される汗というのは、脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、尿素、アンモニアなどがあります。エクリン汗腺より分泌される汗とは異なって、乳白色であり粘り気があり、色々な物質を内包しているので、細菌などを通じて分解された際にあの独特な臭いを生じさせます。

すでに、お気付き頂けただろうと思われますが、通常の脇汗というのは主にエクリン汗腺より分泌されることから基本的には無臭です。ここからの汗は臭いの種類は当然無臭ですし、原因もエクリン汗腺のものですから、問題無いんですね。さすがに、多少汗臭い臭いはするでしょうが、このことは汗と一緒に流れた角質とかが雑菌が原因となって分解された臭いでわきがとは異なるものと言えます。

一言でいうと、エクリン汗腺より分泌された汗は、適切なデオドラント対策を実行すれば、ほぼほぼ完全に臭いを防ぐというのが可能になります。

脇の臭いの原因や種類がエクリン汗腺からのものであれば、そう心配することは無いってことですね。

一方で、アポクリン汗腺より分泌される汗は、身近に悪臭を放ちます。わきがの具体的な要因は、このアポクリン汗腺となっていて、根底から治療するにはわきが手術他ないというのが現状なのです。わきがが強い人のケースだと、一般的なデオドラント対策をしても、ほとんどのケースではいくらかしか臭いを軽減する事ができないのです。

脇の臭いの原因と種類

※アポクリン汗腺より分泌される汗が多いケースだとわきが(腋臭症)と診断されてしまう。

ですが、当サイトではこれらのわきがにとっても、一定の効果が適用されるデオドラント対策を紹介しております。自分の脇の臭いの原因や種類がどれにあたるのかをまずはチェックしてみてください。

わきが体質の見分け方(脇の臭いの原因や種類からチェックしよう)

あなた自身がわきがか違うのかは、十分専門医に診ていただかないと判断できません。自身の体臭が気になるという人は、きちんと病院へ足を運んで受診するのが一番です。

なのですが、日本人は欧米人と比較するとわきが体質のパーセンテージがとても低いことが実情です。したがって、わきがの人については無駄に目立ってしまうものですが、ほとんどの人は下にあげたチェックポイントを読んでみて、該当する項目がなければ大丈夫だと言えます。

□両親のどちらかがわきが体質である
□毛深い
□耳垢が湿っている
□衣服の脇の部分に黄色い染みができる
□お風呂上りでもすぐに体臭が気になる
□脂性

上のチェックポイント内において、『衣類の脇の部分に黄色い染みができる』という項目がありますが、原則的にこのような人は、アポクリン汗腺の数、分泌量が多いと推測できることから、わきが体質傾向があると言われています。 脇の臭いの原因や種類から考えても、脇汗に黄色い色が付いたりすることから、アポクリン汗腺からの汗だと想像できます。

けれども、近頃ではエクリン汗腺より分泌した汗だとしても、制汗剤等々の利用により、黄色いシミができることが多いです。こういう時、衣服についた黄色いシミの感じと衣服との境界線で、エクリン汗腺より分泌した汗なのか、アポクリン汗腺より分泌した汗なのかを判断するといいでしょう。

エクリン汗腺より分泌した汗の場合、例え黄色いシミが出来てもぼんやりとした薄い黄色で、衣服との境界線が明白じゃありません。それとは逆に、アポクリン汗腺より分泌した汗のケースでは、見るからに濃い黄色いシミで、衣服との境界線が鮮明に分かります。

脇の臭いの原因や種類によって、こういった差が出る事を覚えておいてください。脇の臭いの原因や種類が違うとそれに対しての使うべきデオドラントも変わります。汗の臭いの種類なのか?はたまたわきがの臭いの種類のものなのか?そもそもの汗の出るの汗腺の違いが原因ですからそこを理解して対策をしていきましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ