リフレアがわきが対策に効果が無い理由とは?

リフレアわきが対策

『リフレアを利用していたとしてもわきがには効かない・・・』

どうして??

もちろんリフレアは汗が起因となる脇の臭いを解消してくれるはずです。

けれども、現実はリフレアだとわきがの対策においては若干物足りないと思います・・・。
安いんだけれどね・・・。

リフレアが効かない根拠とは

カンタンに言ってしまえば、リフレアは、「わきがの原因となる汗の臭い」をお茶を濁すということが出来たとしても、「わきがといった体質そのものズバリ」を解消する物でなどではない・・・ということを意味します。

その上、一部分の口コミであれば「わきがの臭いすらも全く消せない」とさえ噂されていますね。おそらく個人差は見られます。

「わきがに効く」派と「わきがに効かない」派の賛否両論に分断されるリフレアの対わきが効果ということを検証しましょう!!

リフレア 「わきがに効く」派の考え方

シンプルな意見においては、脇汗のニオイが強烈だったけれども、リフレアのクリームタイプを塗布することを通じてニオイが気にならなくなったというものになります。

リフレア 「わきがに効かない」派の考え方

なによりわきがであれば、手術でない限り治癒しないし、リフレアを塗るだけを利用して治るならもとよりわきがじゃないでしょ、というものになります。

代表となる考え方を紹介したところで、リフレアに含まれる消臭成分が何であるのかを調査しますと、一つ気になる事が確認できました。

リフレアの効果とは?

リフレアが臭いに効果を発揮するという点は、これらの2つの成分

「ベンザルコニウム塩化物」
「イソプロピルメチルフェノール」なのです。

これらの成分は、脇の臭いの原因となる菌を殺菌できる作用があげられます。

されど、わきがの具体的な原因であるアポクリン腺からの発汗を抑える作用というものはなく、加えて、皮膚環境を整えるものとは違います。

あくまで、皮膚環境が起因して発生した菌を殺菌するに限っているのです。

わきがの臭いには、アポクリン腺の数だけに限らず、皮膚環境も大きく影響を与えている!

汗が臭う皮膚環境で言ったら、皮膚表面がアルカリ性を帯びた状態が存在するでしょう。

そうして、わきがの原因と化している物質は皮脂に含まれている脂肪酸という名の物質が酸化(空気中の酸素と触れ合うなど)することによって生成される「過酸化脂質」なのです。

パッと見矛盾しているみたいに見受けられますが、わきがの元々の原因となる皮膚環境(一口に言うと、臭い菌が繁殖することが楽な環境)がアルカリ性!これらの環境に応じて生じた菌が空気中に触れ、酸化されることで起こる臭いが「わきが臭」というものになります。

簡単に言うと、わきがの元来の原因は、皮膚環境の「アルカリ化」ということを意味しますね。

リフレアの消臭成分に「塩化物」が配合されていますから、リフレアのユーザーにしたら、ショッキングな事実かもしれないですね。

塩化物は、アルカリ性の物質と化合(くっつく)した物質と言われていますので・・・。

「脇の臭いが起きる原因がアルカリ性だというのに、アルカリ物質が入っているクリームを塗りつけるというのはおかしくない?!」と思われることも考えられます。

けれども、結果的に臭いとなる原因は、空気中の酸化であったのだから、この空気中の酸素とリフレアのアルカリ物質が中和を起こすという事から確かに解消できるというわけです。

要するにリフレアはわきがの臭いを対策できても、抜本的な皮膚環境に及ぶまでも改善できるわけじゃないです。

リフレアが「わきがには効かない」要因はこの部分にあるといえるでしょう。

本格的にわきが対策で、汗と菌を抑制するなら「わきが専用クリーム」が手っ取り早いでしょう。

リフレアとは異なり根本の皮膚環境に及んで作用してもらえるため、ただのニオイ対策でだけではなく、わきがそれ自体の改善効果が望めますね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ